上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霰+雹が屋根を叩く音で目が覚めた ろーずっす(ρw-).。o○

11/29の大型パッチにおいて、「ラグが酷くなった」「画面がカクカクで狩りにならない」
等の声をよくお聞きします。

一体このカラクリは何なのでしょう;;

さし当たって、我々に出来ることはPCスペックの確認と、DirectXの最新版が
インストールされていることを確認して、根糞の対応を待つしかないのでしょうか。
ろーずは今、出張中なので現在ノーパソでめいぽを楽しんでいますが、パッチ後も
特にラグが酷くなった感じを受けていません。

特にハイスペックなマシンでも有りませんので、根糞の推奨スペックを上回っていれば、
問題ないはず?といったことなのでしょうか?

しかしながら、CPUがコアDUOやMEMを2G積んであってもラグって
いる方が大勢いらっしゃるそうです。ブロードバンド環境やプロバイダに依存していないと言う
報告も有るようなので、やはりソフトかグラボの相性に依存しているからという説が多いようです。
今回のパッチによって描画処理方法が変わったと聞きますが「DirectX」の最新版が
インストールされていることを確認して欲しいと思います。

以下は根糞のFAQ内容
---------------------------

デスクトップ画面左下にある、Windowsの『スタート』より『ファイル名を指定して実行』をしていただき、 名前と書かれている項目に dxdiag と入力をし、OKをクリックしてください。
そうしますと「DirectX診断ツール」というものが表示されますので、 1番下の項目、「情報を全て保存」を行っていただきますと、 テキスト形式のファイルが作成されます。

そのテキスト内容には、お客様のご利用になられているPCの CPUやメモリ、グラフィックボードの機種といったPCスペックが表記されているものになります。
動作環境とPCスペックを確認していただき、ゲームをプレイする際は必ず 必要動作環境を満たしているPCにてご利用くださいますようお願いいたします。

↑ここまで根糞FAQ
---------------------------

というAが有るので、手順を書いておきます。

1.ウィンドウズの「スタート」ボタン押下

2.「ファイル名を指定して実行」を選択しdxdiagと入力してOKを。
Image18.jpg


3.診断ツールが出てくるので、自分のPCスペックが根糞の要求しているスペックを
満足しているか確認とDirectX9がインストールされていることを確認します。
Image19.jpg



4.特にスペック的に問題ない方が殆どでしょうから、「ディスプレイ」タブを開いて問題の有無を確認します。
Image21.jpg


5.問題が有る方はここでテストを実施して、問題が解決すれば良いのですが。
因みに、こんなテスト画面になり4つほどのパターンを実施します。
Image22.jpg


あとは、めいぽを起動中に自分の画像処理状況が的確に行われているか確認して
みるのも手かと思います。
めいぽ起動中に「alt+F12」を押してください。画面右上に「FS・・」という
数字が出ていると思います。
正式にはFPS(フレームパーセコンド)ですが、一秒間に何コマ描画出来ているかを確認
するわけですね。
fs.jpg


通常、FSは60~75有るかと思いますが、これがずっと20位だったり、
増減の激しい方は問題有りです。解決策はろーずにもよく解らないのですが、
パフォーマンスを知る上での指標になるかと思います。

ダラダラと書いて来たのですが、今のところ特効薬がまだ明らかになっていないようで、
根糞の早急な調査と結果報告を望みたいところです。

DirectX9cダウソロードはここから↓
http://www.microsoft.com/japan/windows/directx/default.mspx


もし、この記事を読んで「こうやったら直ったよ」等の情報が有りましたら、BBSカキコなり、コメントなりいただけると幸いに思います。
ろーずの友にも困っている方がおられます。どうか、豊富な知識のある方よろしく
ご協力をお願いいたします。


<本日のおまけ>

パッチが当たってから、リプレが遠い存在に!レベル100以上の的が
ウヨウヨって危険すぎやしませんかっ!
ってことで、土曜の夜は「なまこチーム」月例集会!探検にでも行ってみるかな・・・(ぇ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://famie.blog62.fc2.com/tb.php/60-5a5e8f79
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。